書き方

不用意にWiki内のリンクを押さないこと!
必ずリンク先を確認してから!!
:用語|説明 ←1行に書いてください。
スタブ
(stub)通常はPCにおけるプロセス間通信を仲介するプログラムを指すが、共同作業でほかの人にやって欲しい個所に「スタブ」と書くことで、委任するために使う。TODOのようなもの。
内藤
出典はFF11。職業である「ナイト」の逆毛語における通称
逆毛
「らぐなの何か。」コードcsm:0107。クルセイダーのデフォ髪型。または、語尾につけられる「w」を指す。髪型は逆毛じゃなくとも、心に立派な逆毛を生やしていれば逆毛の仲間。逆毛の髪色は、おのおののポリシーに任せられている
逆毛岩
プロ南の中央部にある岩。逆毛たちがよく集まることからこの名前がついた
エタノビ
エターナルノービスの事で、スパノビにも転職しないノービスの事を言う。
吉野屋
グラストヘイム最下層のこと。

サーバー名の無駄な知識箱

Freya
フレイの妹。美しい女性の姿をしている。自由奔放な性格で、欲望のまま行動した。
Lisa
 アボメイ、フォン族の神話。マウと対になった神。マウは女性(月)で、リサは男性(太陽)とされる場合もある。

 二人の間には当初子供が生まれなかったが、日食や月食の時に交わり、子供が生まれることとなった。
Chaos
 ギリシャ神話の創世。ガイアが生まれる以前、世界には何もなく、混沌(カオス)と呼ばれていた。そこにガイアが生まれ、世界は動き出すのである。
Idun
 ブラギの妻。永遠の若さを保つ林檎を、懐に持っている。
Fenrir
 ロキとアングルボダとのあいだに生まれた子供。

 フェンリルは神々が監視しやすいアースガルドに連れてこられた。
 しかし、あまりに狂暴だった為チュールしか餌を与える事が出来なかった。
 初めのうち、オーディンはフェンリルの事をあまり考えていなかったが、ノルニルからフェンリルに食われる事になると宣告されると、オーディンはフェンリルを監禁する事に決めた。
 だが、どんな鎖もフェンリルを縛る事は出来なかった。が、小人達が山の根と鳥の唾液で作ったグレイプニルという魔法の紐で縛る事に成功した。
 フェンリルにグレイプニルを巻き付ける時フェンリルはグレイプニルが危険ではないと言う事を証明としてチュールの手を自らの口に入れる事を要求した。
 そして、フェンリルがグレイプニルを壊す事が出来ないと悟った時、チュールの手を噛み切ってしまう。
 フェンリルはそれから動けないように岩につながれ、口には剣を入れられ、もはや、噛む事も出来なくなっていた。

 ラグナロクの時、捕われの身から自由になる。
 そして、巨大な口はすさまじく大きく開き(下顎は大地に触れ、上顎は天に届いた)オーディンを呑み込んでしまう。
Tyr
 フェンリルを捕獲する際、片腕を失う。勇敢な神。このエピソードについては、フェンリルの項を参照。
Ses
ヴァン神族が使う魔術。
Loki
北欧神話最大のトラブルメーカー。彼の子供達の名が、フェンリル・ヨルムンガンド・ヘル…とくれば頷けるだろう。世界の出来事は少なからず彼が関係している。神に捕らえられ幽閉されるが、ラグナロクに復活しヘイムダルと相討ちになる。
Heimdal
ヘイムダルは100マイル以上もの先を見通し、草木や羊の毛が伸びる音を聞くことができる。
 アースガルドとミッドガルドを結ぶ3筋の橋ビヴロストの上でラグナロクが始まるのを待ち、その合図である、ギャラルホルンを吹き鳴らす準備をしている。
 そのラグナロクでは、ロキと相打ちとなって共に死ぬ定めにあった。
Garm
冥府の魔犬。ニヴルヘイムにある、ヘルの館「エーリューズニル」の番犬である。ラグナロクにおいて、チュールと相討ちになる。
Surt
ムスペルヘイムに住み、その世界を警護している。ラグナロクの終末、彼の持つ炎の魔剣「レーヴァティン」によって世界は焼き尽くされる。
Thor
アース神族のなかで最も力があり元々は主神だった。タングニョーストとタングスリースニルという二頭の牡山羊に車を引かせ天空を駆け巡り、その時に鳴り響く音が雷と言われている。
 ミョルニルが盗まれたとき、ロキと協力してフレイアに変装し、見事相手を騙しミョルニルを取り戻すという話はかなり有名。
 ロキとは仲が良かったが後に騙されロキとは不仲になるヨルムンガンドを倒した後ヨルムンガンドの毒の為その場から9歩引き下がって死ぬ。
Odin
北欧神話の主神。戦いの神、詩と知識の神、魔術の神とさまざまな性質を持つ。そのために数多くの呼び名、または変名を持つ。「高き者」「万物の父」「片眼の男」「悪をなす者」「船荷の神」などなど。魔法でどんな姿にも変身できるが、普段は片目なのを悟られないためにつばの深い帽子をかぶっている。
 より多くの知識を得るために片目を犠牲にしたり、ユグドラシルに首をつるかのような格好をして、自らの槍で体を突き、仮死状態になってルーン文字を発明したりした。魔法の馬「スレイプニル」、黄金の腕輪「ドラウプニル」、魔法の槍「グングニル」を持つ。
Iris
ギリシャ神話。ポントスとエレクトラが生んだ、虹の女神。神々のメッセンジャー。
Eir
スノリのエッダに登場する。その中で、ハールが3番目に偉い女神だと答えている。1番はフリッグ。その名前は「慈悲深い」という意味からきていると考えられる。優れた医者で、民間伝承では薬草を集める女神として崇拝される。